Blogブログ

犬が飼い主と一緒に寝たがる理由

read

愛犬と一緒に寝ている飼い主さんは沢山いると思いますが、毎日当たり前のように一緒に寝ている中で「なぜ犬は飼い主と一緒に寝たがるのか」と疑問に思った事はないでしょうか。そこには動物としての「習性」と日々の「習慣」から「一緒に寝たがる」理由が隠させていました。

習性として一緒に寝たがる

群れを作る動物だから

犬は社会性を持つ動物で、群れを意識します。夜、ひとりだけ別にいるより、「仲間」「家族」「ご主人様」と見なしている飼い主と一緒にいるほうが心安らぎ安心して眠ることができる。

犬 茅ヶ崎 DOGGYBRO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接触している事による安らぎ

犬は広い場所にポツンと置かれると、不安になる。体に何かが触れている状態、つまり接触刺激がないと安心できない習性があるため、眠る時は特に、体のどこかが何かに触れているほうが安心できると考えられます。

犬 茅ヶ崎 DOGGYBRO 犬 茅ヶ崎 DOGGYBRO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

習慣として一緒に寝たがる

飼い主のにおいが好き

布団には汗をはじめその他諸々の飼い主のにおいが染み付いている。犬にとって好きなにおいは飼い主のにおい。そのにおいに毎度、包まれて眠ることは、「群れや仲間に守られている」という安心感に繋がります。

犬 茅ヶ崎 DOGGYBRO

 

 

 

 

 

 

 

 

ふかふかの質感が好き

お布団のフカフカした柔らかさ、温かさが心地よいので好き。それだけならドッグベッドでもいいわけだが、人の体温のぬくもりやにおいもセットになった柔らかい寝床は、犬にとっては極上に幸せな安らぎの場所なのかも。

犬 茅ヶ崎 DOGGYBRO

 

 

 

 

 

 

 

クレートトレーニングも重要

一緒に寝ることに偏重してクレートに抵抗感があると、入院やペットホテルではストレス倍増。ワンコと一緒に止まれる宿でも、ベッドの上で犬と寝れる所も少ないのです。また、災害時にはクレート・レストは必須です。状況に応じて、クレート内でもリラックスして休めるよう、練習しておきましょう。

クリートとは・・・移動用ゲージのこと

クリートトレーニングとは・・・飼い主が「ハウス」と要求すると中に入り、飼い主がドアを開けるまでおとなしく待機できるようにするトレーニングのことです。

314513_1-e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DOGGYBRO.おすすめアイテム

中にクッション代わりとして飼い主の衣類などを詰めてドッグベッドとして使用し、愛犬の好きな飼い主の匂いの中で安心してお留守番の出来るアイテム

まとめ

犬の謎だった行動も、野生の頃の犬の行動と比較してみると、愛犬の心理を知ることができますね!愛犬のちょっとした行動一つにも、愛犬の気持ちが隠れています。愛犬がもっとも信頼出来るパートナーとなってあげて下さい。

Related Articles関連記事