Blogブログ

ローフードこそが動物本来「DIARA(ディアラ)」

犬 茅ヶ崎 DOGGYBRO

愛犬の為に普段何を、食べさせていますか?健康に、そして長生きをしてもらいたいですよね?DOGGY BRO.では、馬肉中心とした食事を提供しています。今回ご紹介するのが、DOGGY BRO.で取り扱いをしている「DIARAディアラ」の説明を私なりに、簡単にしていきたいと思います。

ディアラ DIARA DOGGYBRO ドギーブロ

ディアラとは?

健康的に犬たちが暮らすために必要なこと。その中でもとりわけ重要なのは毎日の食べ物ではないでしょうか。犬たちにとって最も健康的な食事とは何か、それを追い求めることから私たちの歩みは始まりました。進化の歴史、食性や生理などさまざまな観点から食事の在り方を見つめていくと、「犬本来の食事」が大切であることに気付きました。それは生の肉を食することです。肉だけではありません。内臓を食し、生の骨を食し、筋も皮もすべて食すること、動物全体を食することこそが「本来の食事」だと。
この気づきをもとにディアラはスタートしました。生の食事をできるだけたくさんの犬たちに届けたい。この想いが私たちの原動力です。

DIARA

ローフードこそが動物本来のあり方。

当たり前ですが、犬だけではなく、全ての動物は調理をする事が出来ない。だからこそ、食材を調理した食べ物は、動物には不適切なのです。人間は加熱をする事で、殺菌効果、保存効果を持たせる事をしていますが、本来の動物はそれをせずに、4000万年進化をしながら生きてきました。なので調理をした食事よりも、犬にはローフードが一番なのです。

ディアラ DIARA DOGGYBRO ドギーブロ 馬肉

 なぜ馬肉なのか?

理想的な食事は、犬たちが自ら草食動物たちを狩り、食すること。しかし都市に生きる犬たちにとって、そのような環境はないですよね。効率的に、安全にローフード環境を創ることができるのか。ディアラは、馬肉の専門業者として、生で食べられるお肉の代表格「馬刺し」に注目!今でも人間が生で食べれる唯一の生肉こそが「馬肉」なのです。食肉の中でもとりわけヘルシー。そして馬の身体すべてを取り扱うことができるディアラだからこそ「安心」にご信頼いただけるローフードを創ることができるのが馬肉。

ディアラ DIARA DOGGYBRO ドギーブロ 馬肉

馬肉の3つのポイント

低アレルギー食、豊富栄養素、低脂肪・低カロリー

馬肉には、グリコーゲンをはじめ、健康維持のために重要な栄養素が豊富に含まれています。グリコーゲンは簡単に言うと、動物の体内でエネルギーを一時的に保存しておくための物質。低脂肪・低カロリーは太りすぎを防止し、現代の犬たちの生育環境ではプラスと言えるものです。このすぐれた食材こそが「馬肉」そしてディアラが選ばれる理由がここにあります。

ディアラ DIARA DOGGYBRO ドギーブロ 馬肉

今日からローフードを始めて見ませんか?

簡単にはなりますが、ディアラが選ぶ「馬肉」の説明とディアラ本来の取り組みです。

あなたにとって大切な「家族の将来」を決めるのはあなた意外誰もいません。

まずは、DOGGY BRO.で簡単な説明を聞きに来てはいかがでしょう?

きっと「あなたも」「愛犬も」気にってくれるはずです♡

ディアラ DIARA DOGGYBRO ドギーブロ 馬肉

 

Related Articles関連記事