Blogブログ

愛犬とのドライブを楽しむために【あなたのやり方は本当に大丈夫!?】

ドライブが気持ちいい季節になりましたね!

目的地も決めずにのんびりと車を走らせるだけで日々の疲れも吹き飛びます。

愛犬家の皆さんはもちろん愛犬とともにドライブする機会が多いと思います。

今回は犬とドライブするときに注意すべきポイントを考えていきます!

風に吹かれる姿がとっても可愛い

ドライブが好きな犬はみな、窓から顔を出して風に吹かれるのがだいすきですよね!

背筋をピンと伸ばして、耳がパタパタしている姿はとってもキュート。 

すれ違う車の窓からワンコが顔を出していると思わず振り返ってしまいますよね。

犬は好奇心が強く冒険が好きな生き物です。

見知らぬ土地の景色や風の匂いをかいでワクワクしているのです。

そのドライブ…ちょっと待った!!

doggybro ドギーブロ 湘南 茅ヶ崎 ライフスタイル ドッグフード 散歩 胃捻転 胃拡張

ワンコも風を感じて楽しいドライブ…と思いきや。

あなたのそのドライブのやり方は違法かもしれません!

道路交通法第55条

「車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げるような乗車をさせ、

又は積載をして車両を運転してはならない」

このように、運転の視界やハンドル操作のを邪魔になるようなもの(人、生き物も含む)

を積載することは法律で禁止されています。

犬がびっくりしたりとっさの反応でアクセルやブレーキなどを押してしまうと

思わぬ事故につながる危険性があります。

違法なだけでなく、万が一事故が起きたときに大変なことになります。

愛犬をフリーで車に乗せることは絶対にやめましょう!

犬を車に乗せる方法

1、クレートに入れる

クレートに入れることで犬が車内を動き回らずに済みます。

災害時にも必要になるので、クレートに入れるトレーニングをしておくことは大切です!

クレートを選ぶ時はシートベルトに対応したものを選びましょう!

2、シートベルトとつなぐ

専用の器具を使って犬をシートベルトにつなぐことができます。

こうすることで、事故の時も人間と同じようにシートベルトで身を守ることができます。

DOGGY BROのオススメはEZYDOGから発売されているシートベルトorクリック。

どちらも人間と同じように犬を事故の衝撃から守ってくれるアイテムです。

使用している生地はもちろんシートベルトと同じなので強度もバッチリ!

※シートベルトを着用する際は必ずハーネスを使うこと!

首輪だと首が締まって死んでしまうこともあります!

購入はこちらから↓↓

犬を車に乗せる時の注意

温度管理はしっかり

狭い空間にいると、犬にとっては冬でも暑く感じることがあります。

夏場は特に車内を涼しめにしておくことを心がけましょう。

休憩を忘れずに

車にずっといると犬にはかなりのストレスです。

こまめに休憩を挟み、水分補給やトイレを済ませましょう!

長距離の時はとくにしっかりと。

絶対に犬を残して外に出ない

短い用事でも取り残されると犬にとっては非常に不安です。

また、夏場はエンジンを切ると数分で車内が蒸し暑くなり、高確率で熱中症になってしまいます。

犬だけを残して外に出ることがないように注意しましょう!

酔い止めも常備しておこう

実は犬でも車酔いをします。

車が嫌いな子は車酔いが原因の可能性もあります。

また普段は酔わない子も体調によって気分を悪くすることもあります。

ドライブする時は犬用の車止めを常備しておくと安心です!

準備万端でドライブへGO!

さあ、犬を車に乗せる時の対策は万全ですね!

最後に犬連れドライブにおすすめなスポットをご紹介いたします!

■ワンダフルネイチャービレッジ

かつてムツゴロウ王国だった土地を利用して作られた犬の王国。

プール、ドッグラン、レストラン、キャンプと何でもあり。もちろん全面犬OK。

犬と山道を散歩して気持ちよく汗をかきましょう!

■足柄サービスエリア(上り)

最近はサービスエリア巡りドライブが大人気!

SAごとに美味しい食事などがたくさん揃っていてとっても楽しい!

足柄SAには関東エリア有数の大きなドッグランがあり、

アジリティなどもできワンコと楽しむには最適!

これからの季節は湘南がとっても楽しくなってきますよ!

ドライブの途中にでも、ぜひDOGGY BROへお立ち寄りください!

Related Articles関連記事