ナチュラルジュートREUSABLE BAG”エコバッグで環境活動”

先日お伝えした環境問題について改て自分がどれだけ考えれていない事に気がつきますよね。さて、今日紹介するアイテムは、環境活動に役立つエコバッグをご紹介します。

reusablu bagとは?

reusabluと言う言葉。日本ではあまり聞きなれないワードですが、

re_再び

use_使う

able_出来る

再利用可能といった意味を持ちます。日本では馴染み深い言葉なら、エコですかね。

さて、海外では繰り返し使う=環境の事を考えた鞄のことをあまりエコバッグとは言わないみたいですが、ここは日本なのでどちらでも良いでしょう。(笑)意味は同じです。

じゃあ。エコバッグって何の意味か気になってきますよね?

エコ=エコロジー(ecology)ずばり、環境に良いのことを言います。

実際は色んな意味としても使うみたいですが、環境活動をしていること事態がエコロジーです。

DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化

麻は世界を救う

麻だけではありませんが、植物は光合成を行う際に、二酸化炭素を吸収しながら成長します。空気を綺麗にしながら育つ麻はオイル、食料、医療、燃料、などと人類が必要とする形に変わる特別な植物です。また、土に含むバクテリアによって完全に土にも変わることから世界中から注目され続けている、世界を救う救世主。

HEMP! DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化

ジュート素材に拘った理由

今回使用したジュートとは、日本において黄麻(こうま)と呼ばれる麻の一種です。ジュートを選んだ理由として、通常の木よりも5,6倍co2を吸収し、地球温暖化を抑制する働きがあります。また、却処分しても有害な物質を出しません。中敷を使用しなくても耐久性があり型くずれしないジュートには、抗菌効果もあるのでお散歩で使用したうんち袋を入れても臭いが残りにくい。

ジュート DOGGYBRODOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化

環境にいいことをしたいなら、環境に良い素材を使用したいですよね!

ナチュラルジュート リユーザブルバッグ

縦31cm×横40cm×厚み24cmと大きめに仕上げたこちらのエコバッグは、8kgまで耐える事が可能。店頭で馬肉のまとめ買いにもおすすめ!

もちろん、お買い物時や普段のバッグ使いとしても使用して欲しくシンプルなデザインに仕上げてます。内ポケットも付いているので、お財布や携帯などを入れて、あなたの買い物に役立てて下さい。

DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化 DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化 DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化

ナチュラルジュートお散歩バッグ

縦25cm×横35cm×厚み5cm 少し大きめに仕上げたこちらのバッグは、サコッシュやトートバッグのようにお使いいただけます。麻は抗菌効果もあるので毎日使用しても臭いを気にせず使って頂ける。内ポケットの他にボタンも付いているのでスーツケースに入れて旅行先でのサイドバッグとしてもおすすめです。

DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化 DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化 DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化 DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化 DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化

始めよう!

まずは、自分が何が出来るのか考え、行動に移すだけです。一人でも多く環境の事を考えれば未来は変えられます。

DOGGY BRO.はマイバッグの持参をお願いしています。

マイバッグをお持ちの方はお会計時にスタッフにお申し付け下さい。

DOGGYBRO ECO ECOBAG ナチュラルジュート ジュート素材 マイバッグ エコバッグ 環境活動 地球温暖化

DOGGY BRO……ファビ

 

 

Related Articles関連記事