NO-PULL!! “引っ張り犬”に有効なハーネスの登場?

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

昨今のコロナ騒動。進展の見えない事態でモヤモヤとする日が続いています。

わたしたちドギーブロにできることは日々の“当たり前”をお手伝いをすること。

犬の食事を提供し、お散歩道具のご用意をする。

日々の生活の中で、犬と、飼い主様にもちょっとした瞬間を楽しんでいただけるお手伝いができれば幸いです。

今回は、「お散歩が快適になる?」そんな“NO-PULL”ハーネスのご紹介。

まずはハーネスの選び方

ハーネスはできるだけ体に負担をかけることなくお散歩ができるツールのひとつです。

でも、初めてハーネスをご検討されている方にはデザイン性の違いに加えて

機能性もそれぞれに違って、何を選べばいいのかわからない といったお声も多いです。

どういったポイントで選んでいくのか、簡単にご紹介していきます。

◆抜けにくい!でおすすめは

EZY DOGチェストプレートハーネス

抜けにくく、しっかりとした安心のホールド感。

そしてもう一点いいところは首、胴回りがそれぞれ単独で調整可能な点です。

◆脱着のしやすさ

EZY DOGクイックハーネス

こちらは首から通して、次に腕の後ろ側お腹の下を通してカチッと止めるだけ!

前から見たらこんな感じ。(伏せているので首あたりにホールド部分が来ていますが、実際にはもう少し下に負荷がかかるので首輪よりは首への負担は少ないです)

◆ミリタリー系

DBミリタリーハーネス

生地もハードに、見た目も土臭いミリタリーが好き!という方はこちらがおすすめ。

さきほどのEZクイックハーネスと装着方法は同じで、脱着がスムーズなところもいいところ。

◆引っ張る子におすすめはこれ!

さて、今回のメインディッシュといきましょう。

上記の写真ではなにがなにやら。少しもったいぶるくだりに、少々お付き合いください。

店頭でのご相談でも多いのが“散歩中引っ張るんです”というお悩み。

そんな時にお助けアイテムとなってくれる商品が、新色を加えてDOGGY BRO.に到着しました!

以前こっそり入荷していた…

実はこっそりブラウンは入荷していたんです。

そこに今回は新色のライトブルーやイエローを加えての登場です!

まずはそのお色味をご紹介していきます。

☆フレッシュで可愛い印象に?イエロー編

発色の明るい黄色で、とってもやわからい印象に。

にこにこ。

ハヤクオヤツチョウダイ( ◠‿◠ )

そう聞こえてきます。

□涼しげでクールだけど可愛い。ライトブルー編

インスタグラムでも見ていただいた方もいるかと思います。

ターコイズのような綺麗なライトブルー。

母と息子のツーショット。

どの色がお好みですか?

続いてディテール

◆素材

ナイロン素材とベルベット素材を使用しています。

ナイロン素材は強度を確保し

ベルベット素材は、毛の薄いお腹の部分が擦れないようにと配慮されているのでしょう。

◆仕様

このハーネスの醍醐味ともいえるバックリングとフロントリングのダブル使用

二方向にリードを取り付けることで、引っ張りの強い子でも飼い主さまへの負担の軽減、

そしてなにより愛犬自身、体に痛みを伴わず引っ張り矯正の練習になるのでお互いにいいかと思います。

引っ張りがかなり強い時はフロントリングにのみ装着するとより効果を期待できるかも?

(ちなみに、余談ですがルイのこの舌出しと少し白目が見えているのはカメラを向けられた不快感です。ごめんごめん笑)

◆サイズの調整

調整箇所は上記3点と、腕の後ろの胸周りの部分合わせて4箇所の調整が可能です。

体型に合わせて細かく設定できるので特殊体型の子にも嬉しいポイント。

おわりに

散歩は犬の必須事項。

引っ張りっぱなしだと人間もお散歩が楽しくなくなるのは当然でしょう。

でも改善の方法や、こうした補助アイテムは意外とすぐそこにあります。

“小型犬は散歩しなくて大丈夫” “家でたくさん走っているから大丈夫”

たまにこういった情報を目にしますが、散歩の必要のない犬は存在しません。

健全な犬の生活とはなにか。

それは、人間とたいして変わらない。

 

DOGGY BRO. IPPEI

Related Articles関連記事