自宅でできる愛犬とのアソビ【知能向上編】

ご自宅で、愛犬との時間をどのように過ごしますか。

私ドッグトレーナーがオススメするおもちゃの一つに

「知育玩具」というものがあります。

これは犬の知能を向上させるために、愛犬とオーナーが協力して行う

いわば“おやつ探しゲーム”です。

“犬だけ”がやるもの?いいえ、一緒にやるんです

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

犬自身が、おやつを探すことには違いありません。

しかし、“犬だけ”で行うものではないというところがポイントです。

“互いに”頭を使い、その設定を行うのは少し高等な生き物である私たち人間。手伝ってやるのです。

店頭でいただいたお声

“興味はあったけれど

どのように犬にとっていいのか..

どうやって使い、教えるのか.. ”

店頭では、私西本がドッグトレーナーの見地からお教えできることも踏まえてご説明し、ご好評いただいております。

こちらの商品はオンラインストアでも販売していますが、9割方店頭でご購入いただいている商品でもあります!

例えば

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

こちらの知育玩具、ポケット部分におやつを入れて、羽部で隠し、、

と簡単に思いつくように感じますが

かなり難しくすることもできます。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

上のパターンでは、ピンクの点の部分におやつを隠しています。

取り出すには?

まずは真ん中の列の羽を左右どちらかにずらし、おやつが入ったブロックを穴まで移動させて戻せば、おやつゲットです。

しかし

羽をずらすためには、まず上下のブロックを緑の矢印方向に移動させる必要も。

など、このようにうまくブロックを使えば、一定方向にしか羽部分は動かないようにできたりと

オーナーがいかに頭を使う必要があるかがお分りいただけたと思います。

Nina Ottoson~MADE IN SWEDEN~

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

こちらのニーナオットソンというスウェーデンのメーカーの知育玩具はとても作りがしっかりしていてラインナップが豊富。

物理的にもそうなのですが、内容が素晴らしい。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

北欧は犬の世界、動物全般のことに関してとても先進的です。

犬がどのように学習するか、犬たちはどのような色に見えていてるか、などもしっかりと考慮して作られている。

これらは、生物学的視点がなければできないこと。

本当の意味で“犬視点”で作られていることが伺えます。

知育玩具の何がいいのか

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

知育玩具のポイントは、“自ら” 試行錯誤して、獲得する。

というところがミソなのです。

こういった類の知能というのは、「スワレ」や「マテ」のように“人に指示をされてやっていない”ですね。

そこがすごく大切。

新しいタイプのご提案

DOGGYBRO ドギーブロ 犬 店 茅ヶ崎 湘南 DOG 知育玩具 ninaottoson

こちらは骨に見立てたブロックを外すという難易度の低いレベル1です。

でも、ただ外して食べるだけでしょ。と

まあそう言わず、一度僕の話を聞いていってください。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

たしかに私たち人間の脳を持ってして考えれば

大人であればできない人はいないでしょう。

まず第一に、犬は鼻で探して、見つけて、獲得する。

この過程が人間とは違い、そしてとても重要です。

野生の子達にはあって、イエ犬には少なくなるこの機会を作ってあげることが、大切なんです。

では本題へ

よく見てみるとこのボーンブロック、形がこのように違うんです。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具 DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

これには理由があります。

実はこの高低差のある傾きの違いがありますね。

これを設置する向きによって“開く方向が変わる”のです。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

ブロックの高い方をプレートの外側にもってきて設置すると、↑のようになるため

犬は、鼻を使って先端を持ち上げると成功します。

反対に..

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

ブロックの高い方をプレートの中央側に設置すると、↑のように中央側から立ち上がるので

犬は、前足を使えばブロックは持ち上がり外れやすい。

ポイントは、初めは簡単に設定する。

初めてやる場合は、必ず簡単にしてやるということ

上記二枚の写真でお気づきになりましたか?

ボーンの数を一つだけにしていることを。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

そして目の前で開けて見せてやるのです。

こうやって対象の数を減らしてやることでより集中しやすくなります。

始めるならレベル1からがおすすめ!

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

こちらのメーカーの知育玩具にはレベルが設定されていますが

初めてお試しいただく際には“うちの子は賢いから!”といわず

レベル1からやってみてください。

オーナー様自身が、どのように教えるのか、どの程度簡単にしてやるべきなのか

という思考を身につけていただくためにも、なのです。

簡単に洗えます

手洗いでささっと洗えるのもありがたい。

使ったら洗って、ベランダに干しておけばあっという間に乾きます。

苦労して得たものは、そのモノの“価値”を高めます。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

人間の世界でもよく耳にしませんか。

「頑張ったあとの酒や飯は格別だ」

「苦労して得たお金は何倍も有り難みを感じる」

言語を持つ人間とはまた違いますが

これに似たことは犬でも起こるといえます。

相手は“犬”であることを忘れてはいけません

 DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

犬はあまりにも人間世界にうまく溶け込む動物であるため

時々ひとは、人間と同じように考えることができるのではないかと思いたくなってしまう。

犬の脳内はもう少しシンプル。

決してバカなわけでもなければ、人間のように高等なわけでもない。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

人のいうことを聞けるのもまたいいですが

その動物の、その動物らしい知能を、向上させてやる。

私たちのような賢さはなくいい。

私たちのような思考は持てなくていいのです。

犬が犬らしく、知的であることが美しい。

DOGGYBRO ドギーブロ NINAOTTOSON ニーナオットソン 知育玩具

犬のあるべき姿を尊重する

多くを求めすぎない

犬の本当の幸福とは。

といったところにも繋がると考えています。

 

DOGGY BRO 

JDBA-DT  IPPEI NISHIMOTO

 

お求めのリンクはこちらから↓

 

Related Articles関連記事