人と犬を繋ぐ。便利なリードとは【ロードランナー】

最近はキャンプやハイキング、ピクニックなど

“犬と同じ空間を共有したい”

そんな方も多いのではないでしょうか。

一緒に出かけることの素晴らしさ、そしてそんな出先や、運動時に使える!

すごく便利だけど意外と持っていない

“実は使える”アイテムなどもご紹介していきます。

犬と出かける楽しさ

すでに皆様も毎日体感されていると思いますが

犬という動物はつくづく、人間世界にあっさりと順応する。

車にもあっという間に慣れ、喜んで飛び乗り、ドライブへ出かける。

人間とは視力も色覚も違うが、同じように景色を楽しみながら?お出かけしているようにも見えます。

人と何かを楽しんだり、コミュニケーションを取ることを喜びと感じる動物であります。

もっとも、犬と人とでは“コミュニケーションの方法”は異なりますが。

キャンプやハイキング

犬と自然を堪能する方法には

キャンプやハイキングが上位に上がるのではないでしょうか。

いつもと場所を変えて

特別な空間を設けることで

消えることのない大切な記憶となるでしょう。

ただ山を登るだけのことが

なぜこんなにも楽しく、素晴らしいのだろうと感じます。

忘れそうになるけど、そう思わせてくれる犬には本当に感謝です。

  

ガンガン登り、匂いを嗅ぎ

犬の持っている素晴らしい能力を最大限に使わせてあげて!

愛玩犬や、家庭犬と呼ばれる犬はお家で十分。

そう言われることも少なくないですが

“犬”であることには変わりなく、自然を楽しめる動物であることを忘れないであげたい。

実は小型犬、体力もめちゃくちゃありますから。

まずは心をアクティブに!

空間をちゃんと共有できている瞬間、感情が通じ合っている瞬間は

犬もこうして“笑い”ます。

ただ興奮して目や口を開いて、そう見えるのとはまた違う。

こんな笑顔を引き出してあげるには、ゆったりしたお散歩をベースに“メリハリのある運動”など

ちょっとしたエッセンスを足してあげると犬はさらに満たされるのです。

心が整ったら次は、

アクティブな環境に必要なアイテム!それはどこに?!

EZY DOG〜ロードランナー〜

私自身とても重宝しています。

「もう一つ余分にリードをもっておくか」

ぐらいの感覚で当時購入したのをよく覚えています。

それが今となっては三年以上も愛用しています。

なにがいいのか?

ずばり、両手を開けることができること!

これは運動やハイキングの際ももちろんなのですが

通常でお散歩している時にもとても楽なものです。

使っていただくとだんだんと良さがわかってきますよ!

そして、両手が空くということはどこかに装着することになるのですが

わかりやすく解説していきます!方法は2パターン。

◆装着方法

その一 腰巻き

もしかしたらこちらの装着方法が一般的?かもしれません。

リードの長さも確保し、走る時、特に山に登っているときなどはおすすめ!

犬が適度に引っ張ってくれることでこちらを連れて行ってくれるような感覚になることもありますよ。

その二 たすき掛け

こちらは、引っ張りの強い子がお散歩に出かける際などにも適しているでしょう。

体で支える範囲が大きい分、力の強い子でも扱いやすいかもしれません。

そして意外にも、リードが短くなってしまわないところも嬉しいですね。

◆グリップ付き!

これが侮れないんです。

さりげなくついているグリップですがこれがとてもいい仕事をしてくれます。

いくら両手が空いていて最高!といってもリードを持たないといけないタイミングもあるでしょう。

そんな時、犬の首に近い部分に設置されたこのグリップを握って立ち止まれば

引っ張っている犬に「一旦ストップね」と伝えることもできます。

◆伸縮ゼロショック!

なみなみになっている部分がショック吸収をおこなってくれるところ。

急に走り出しても突っ張ることがなく、できるだけダメージを吸収してくれる

犬とっても優しいゼロショック。

こちらは当メーカーでは定番の機能となっています。

いかがだったでしょうか

ただのリード、道具といってしまえばそれまでですが

犬と“繋がる”ことができる一本のリードが

いろんな場所でたくさんの思い出を作ってくれる。

そんな素敵なお手伝いをしてくれるひとつのツール。

 

DOGGY BRO IPPEI

 

 

 

Related Articles関連記事