首輪の正しい選び方とは。

これから家族となる犬を迎える方

もうすでに家族として犬と暮らしている方

そんなみなさんに今回は首輪のチョイスについてご提案できればと思い

ブログを書いてみようと思いました。

首輪はオシャレを楽しむと同時に、飼い主さんと愛犬の

をつなぐ大切な道具なのです。

DOGGYBRO ドギ―ブロ

愛犬の首のサイズを把握しよう!

お店やネットで首輪探しを始めると、まず最初は見た目が気になることでしょう。

その前に!サイズを測ることを忘れてしまってませんか?

新しいものを買おう!という心理状態のときは心が躍り、大切なことを見落としてしまったりするものですよね。

すこーしだけ冷静になり、まずは愛犬の首のサイズを把握しメモを取っておきましょう!

そうすればたまたまお店で素敵な首輪と出会えた時、

愛犬が居なくても最適なサイズ選びが可能になりますよね!

■ちょうどいいサイズ感とは?

首輪を装着して、指が一本入る程度がちょうどいいとされています。

長さにすると首周りの実寸より、1cmほど余裕をもった状態が望ましいかと思います

首のサイズを測るときは、耳の付け根に近いところを測るのがおすすめ!(出来るだけ地肌に近い状態で)

測定位置が首の付け根に近いと、太い部分を測定してしまうことになります。

愛犬が何かに恐怖を示したり、後方に拒否する体制をとったときに

スポッと抜けてしまう可能性があるので注意が必要です。

素材で選ぶ首輪のチョイス!

首輪といっても、素材は様々。

愛犬の特徴、散歩の仕方、シーンによって選んであげることが出来ます。

後悔しない素材選びをしてあげたいですね!

では素材にはどのようなものがあるでしょうか。

実際に多く使われている物をご紹介しますね。

■革製品

みんな大好き革製品!(みんなではないか…笑

革製品といえばやはり、オシャレ好きにも無視できないものの1つですよね!

経年変化を楽しめる丈夫であり、長年使用できる

ここはとても革製品の魅力!

カビ対策など多少のメンテナンスは必要になりますが、それも物に対する愛情のひとつです(^^)/

■ナイロン製品

耐久性の高く、水に濡れても大丈夫なのがナイロンのいいところ!

先日、関東も梅雨入りしたとの情報が…そんな時に大活躍してくれるはずです!

そして、比較的安価なものが多い印象ですね。

それに、オシャレの観点からみても、ナイロンって意外とオシャレな雰囲気出すんですよね!「意外と」が余計か…笑

もしかしたら安っぽく感じてしまう人もいるかもしれませんが、あくまでそこは好みかな!とも思います(^^)

金属製のもの

完全金属製の首輪というと、チョークチェーンカラーという一般的にしつけ用とされる首輪に多いかもしれませんね。

丈夫であり、武骨な雰囲気の演出を楽しみながらカッコよくキマる!

少々重いのと、金属アレルギーが出ることもありますので注意が必要。

そして毛足の長い子は絡まってしまうこともあるかもしれません。

『しつけに使えるから』というのをメリットとして挙げない理由は

後述しますので読んでいただければ幸いに思います!

種類の違い(ベルト、バックル、チョーク系)

■ベルトタイプ

人間が腰に巻いたりするベルトと同じ作りになっていて

やはりこのタイプに多いのは革製品ですね!

まず強固な素材であるからこそこのベルト形状として作れるのかもしれませんね。

丈夫さはほんとに抜群で、金具を通す穴で調節するので、サイズの調整が容易であることはメリット!

■バックルタイプ

カチャっとワンタッチで留めるだけなので装着が簡単!

そして基本的にはプラスチック製であることが多いので

軽くて、比較的お値段もリーズナブルなものが多いかもしれません。

しかしDBには…二枚目の写真のように重厚感のある丈夫さ抜群の渋いバックルを備えた首輪もあります…笑

そちらも後ほどご紹介!!

■チョークタイプ

愛犬が引っ張ることによって締まるという仕組みなっています。

一昔前に訓練士さんたちの間でよく使われていたもので、

これに関しては、使い方によっては犬の身体を傷つけかねないので、もし使用するのであれば

プロに相談するのがいいかもしれません。

あくまでオシャレの範囲で使うほうがいいかも。(^^)

首輪を本来の意味で使う

首輪は愛犬との命綱であるリードとを繋ぐととても素晴らしい道具です。

あくまでも、愛犬の命を守り、ついでにおしゃれを楽しみつつ

犬と人が幸せになる道具でなければなりません。

首が締まることによって苦痛を感じさせ、引っ張りを矯正するという手段は、あまりお勧めできません。

もし、『引っ張り癖がひどくて散歩がうまくできない』そういった状況なら

まずは、考えてみましょう!

どんな状況で引っ張るのかどういう導き方をしているのかこちらが求めるばかりではなく適切にニーズを満たしてあげているか

必ず答えはあります!

道具に頼らず、あきらめず、愛犬と一緒に力を合わせて、導いてあげましょう(^^)/

DOGGY BROがおすすめする首輪はこちら!

それではお待ちかね!

愛犬とのシーンに合った生地感、見た目で、ぴったりな首輪を探してみてくださいね!

もしご来店が可能な方は、ぜひ実際に見に来ていただければ嬉しく思います!

皆様のご来店、心よりお待ちしております。(^^

DOGGY BRO…

 

 

 

Related Articles関連記事