犬ってなぜ鼻が濡れてるの?

DOGGYBRO 犬 茅ヶ崎 ディアラ 犬の鼻

犬は鼻が濡れている事が当然となっていますが、”なぜ濡れているのか”や”何の為に濡れているのか”など知らない方も多いと思います。

今回はそんな疑問をお答えしていきたいと思います。

なぜ濡れているの?

そもそも犬の鼻はなぜ濡れているのか・・・それは嗅覚を正常に保つためなんです

犬は人の100万倍もの嗅覚があると言われていますよね。空気中には様々なニオイが充満していると思いますが、その臭いは鼻が湿っているほうが感じやすいと言われています。

犬がよく上を見上げながらくんくんとニオイを嗅いでいるのは、空気中に流れてきたニオイを嗅ぎ分けるためです。犬は嗅覚で食事をする生き物だから、犬にとって嗅覚は無くてはなりません。

DOGGYBRO 犬 茅ヶ崎 ディアラ 犬の鼻

犬の先祖から分かる鼻を濡らす習性

元来、犬の祖先は視覚よりも嗅覚を頼りに獲物を追っており、嗅覚は仲間同士のコミュニケーションの一端を担っていました。それほど嗅覚は生活に欠かせない重要な役割を果たす感覚なのです。さらにこの嗅覚は鼻が湿っていることで研ぎ澄まされます。祖先は狩りをし、また、敵から逃れるためにもこの優れた嗅覚を常に敏感に保ち、風向きなども知る必要性がありました。このため、現在の犬にも鼻を湿らせる本能が受け継がれてきたんですね!

さらに、体温が上がるとこれらの分泌液が増え、鼻から熱放散させるという役割も果たしています。

DOGGYBRO 犬 茅ヶ崎 ディアラ 犬の鼻

鼻が乾く時ってどんな時?

では「鼻が湿っている事が普通」となると、つまり、鼻が乾くと「病気」の可能性がありますよね。

しかし、実は犬が元気でも鼻が乾く時があります。それってどういう事!?となりますが、見分け方さえ知っていれば簡単に見分けられます。

また、病気の時も症状と合わせて見ると、どの病気か知るための大きな判断材料になります。

DOGGYBRO 犬 茅ヶ崎 ディアラ 犬の鼻

元気なのに鼻が乾いてる

元気でも鼻が乾く時があります。それは、犬が寝ている時やその前後の時間帯です。寝ている時は嗅覚を研ぎ澄ます必要性はありませんし、自分で鼻を舐めることができませんからね。鼻が乾いていたらすぐ病気だと決めつけないでください。

体調が悪いサインの場合も

ご存知の方も多いと思いますが、鼻が乾燥しているのは病気が関係している場合が多くあります。

まず発熱があると鼻は乾きますし、脱水を起こす病気なども考えられます。鼻が乾いていて発熱があれば、感染症や熱中症、中毒の他、体の中で炎症をかかえている可能性があります。

また、アレルギー疾患や目や鼻の病気で鼻涙管が閉塞すると、分泌液が流れなくなり、鼻が乾燥することがあります。さらに皮膚の角化症を起こす皮膚疾患でも、鼻が乾燥し、割れてしまうことがあります。

DOGGYBRO 犬 茅ヶ崎 ディアラ 犬の鼻

ケアもしてあげましょう!!

特に、体調に問題なく鼻が乾いている時には、鼻涙管の問題や、皮膚病の問題が隠れている可能性があります。また角化症の場合ですと、シャンプーや保湿効果のある薬などを利用して、スキンケアを行うと良いでしょう。

愛犬のケアにおすすめ商品

 

Related Articles関連記事